19.04 ‘Disco Dingo’ now available as optimised desktop image for Hyper-V

Running Ubuntu as a virtual machine continues to be a popular way to use the desktop. Back in September 2018 we announced the availability of optimised 18.04 LTS desktop images for Microsoft’s Hyper-V gallery bring a host of benefits including: Improved clipboard integration Dynamic desktop resizing Shared folders for easy Continue Reading

Ubuntu News

Web and Design team summary – 7 May 2019

This was a fairly busy two weeks for the Web & design team at Canonical.  Here are some of the highlights of our completed work. Web Web is the squad that develop and maintain most of the brochure websites across the Canonical. Supported the 19.04 release We updated the websites Continue Reading

Ubuntu News

Switch life mode to FUN with some cool Linux games

If you think of the Internet as a big flat disk balancing precariously on the shoulders of titans, one of those titans happens to be gaming. People use their computing devices for a range of tasks, but playing games, solo or online, with friends or against friends, is a universal Continue Reading

Canonical at Cephalocon Barcelona 2019

Date: May 19-20Location: Fira Gran Via, Barcelona, Spain This second Cephalocon event will be a celebration of Ceph and share a number of insights into Ceph in operations. Among the 800 storage technologists present, you can meet the Canonical team, to discuss our involvement in the Ceph project, such as: Continue Reading

Canonical consolidates open infrastructure support and security offerings

29th April, 2019: Canonical today announced Ubuntu Advantage for Infrastructure, a consolidated enterprise security, compliance and support offering that covers the full range of open source infrastructure capabilities for up to 10 years. “A surge of customers adding Ubuntu to their list of officially supported operating systems has given us Continue Reading

Formatting our code with Prettier

I’ve become a huge advocate of using Prettier to format front-end code. Let me explain why. For many years, I’ve spent a considerable amount of time squinting at my code editor and trying to decide if the curly brackets at the top of my screen align with the curly brackets Continue Reading

An introduction to AppArmor

Cyber attacks are becoming more sophisticated, attack frequency is on the rise, and the cost of cybercrime damage is projected to reach $6 trillion annually by 2021. Traditional defensive measures such as firewalls and intrusion detection systems that operate at the network perimeter are no longer enough to protect today’s distributed Continue Reading

Visit Canonical at Dell Technologies World

Canonical and Dell are working together to transform your business from the desktop to cloud to edge. Visit us at Dell Technologies World 2019 from Monday, 29 April to Wednesday, 1 May in booth #495 to talk with our experts about how you can innovate faster with Canonical and Dell, Continue Reading

正しいLinux OSの選択によりIoT製品化までの時間を短縮

IoT産業の数十億ドル規模の将来性を見込んで、関連するハードウェア、ソフトウェア、およびソリューションが急増するなか、各ベンダーは開発から市場投入までの時間を早めようと苦悩しています。製品の市場への投入段階、あるいは最悪の場合投入後の問題を回避するためには、開発段階で最初から適切なインフラを選ぶなど、正しい選択をすることがより一層重要になります。 市場投入までの時間を短縮する一つの方法は、最初から正しいオペレーティングシステム(OS)を選択することです。これにより、製品を保守可能、かつ拡張可能、そしてなによりセキュアにします。Eclipseの『IoT Developer Survey 2018』(IoT開発者調査2018)によると、LinuxベースのOSが現在もIoTエコシステムで最もよく使われており、RaspbianとUbuntu/Ubuntu Coreがトップシェアを占めています。 商用IoTゲートウェイメーカーのRigadoは、自社のハードウェアの製造においてこのOS選択の問題に直面しました。当初はオープンソースのLinux OSであるYoctoを採用しましたがすぐに、これでは顧客がOS、セキュリティ、その他の更新の保守に莫大な時間を費やさなければならないことが判明しました。これは多くのRigadoの顧客にとって重要な事業目的の妨げとなるものでした。 そこでRigadoは、Ubuntu Core、Snap、およびCanonicalのプライベートブランドストアに切り替えることで、顧客の悩みを取り除くことにしました。Ubuntu CoreとSnapに関して、Rigado CEOのBen Corrado氏は次のように述べています。「コンテナ化された技術を用いて知的財産を保護するソリューションがすでに用意されています。Rigadoは、Canonicalとの関係を通じて、セキュアでシームレスかつ管理された更新を提供できます。」 Rigadoは、顧客によるゲートウェイインフラ技術の選び方に変化をもたらすことで、製品の市場投入までの時間が短縮されることを理解しました。顧客はRigadoのCascadeプラットフォームを使用することで、3~6か月でコンセプトから本稼働まで移行し、開発時間および市場投入までの時間を最大で1年早めることができます。 固定機能のゲートウェイからパッケージベースの集中管理ソリューションへのシフトがRigadoのビジネスにもたらした提供は、顧客にとって非常に重要です。「文書化された体系的なプロセスであることで、私たちは一つの顧客を通じて得た経験をすべての顧客に展開することができ、その結果、顧客は迅速に現場へと展開することが可能となるのです」とCorrado氏は述べています。 RigadoがUbuntu CoreとSnapにより市場投入までの時間をどのように短縮したのか、以下のビデオでCorrado氏のインタビュー全文をご覧いただけます。 The post 正しいLinux OSの選択によりIoT製品化までの時間を短縮 appeared first on Ubuntu Blog. Ubuntu is available in Cloud Server Linux. Contact us to find out our latest offers!

>